龍神縁起

龍神様よりメッセージを受け、ご利益のある龍神護符を顕現することになりました。龍神様とのご縁を繋がせていただきます。

☆運気 龍神様からのメッセージ

不運・不幸、悪いことが続く、その理由

投稿日:2019-01-28 更新日:

なんで、悪いことばかりが続くのだろう?

そんな気持ちになったことはないでしょうか?

不幸・不運の連続にも、最初があります。

ちょっとしたきっかけから、だんだんと追い打ちをかけるように、広がっていくことがあります。

 

そんな時、あなたはどうしますか?

 

不運・不幸、悪いことが続くには、相応の理由があります。

大きく分けると二つに分けることができるかもしれません。

それは、自分由縁と他者由縁のものです。

 



自分由縁で不運・不幸、悪いことが続く

自分由縁で、不運・不幸、悪いことが続くということの意味は、

自分自身の考え方によるもので物事のマイナス面ばかり見てしまうことです。

 

誰にもある思い癖

人それぞれに思い癖と言うのがあります。考え方の傾向です。

事が起きたときに人は、それに良し悪しの判断を与えてしまいます。

事が起きたときには、様々に関係する人や事があるのですが、

不運・不幸、悪いことが続くように関係づけてしまいます。

 

例えば、ネガティブに考える傾向の強い人は、

大きな失敗をしてしまったとき、

全てのことを悪い方向に捉え、自分自身を責め、

そのことがいつまでも心に残り、だんだんと気持ちも深く沈んでしまいます。

その状態で悪いことが起きれば、更なる深みにはまっていってしまいます。

そして、不運・不幸のスパイラルに乗ることになります。

 

仕事で失敗→しつこく愚痴→嫌われる→別れ→孤独 なんてことになるかもしれません。

 

経験は、次のステップへの糧

失敗をした、と、足止めすることこそが失敗であって、

次に活かせるように工夫できれば、失敗でなく、

進歩のきっかけとなり、心も前向きになっていきます。

 

時には、その失敗を慰めてくれる人がまわりにいるかもしれません。

いつも憎まれ口を言う人が優しい声をかけてくれることで、

その人の心根の優しさを知る機会を得ることになるかもしれません。

 

落ち込んでいるときには、周りは見えづらいものですが、

あとから振り返った時、その時の周りに目をやってみると、

今まで見えていなかったものが見えることがあります。

 

失敗と言われることは、経験の一つで、

経験は、次への糧にすることができます。

 

こんな話があります、

幸せですかと聞かれて「幸せです。」と答えた人は、

十年たっても「幸せです。」と答えるそうです。

 

「幸せでありません。」と答えた人は、

十年たっても「幸せでありません。」と答えるそうです。

収入とか結婚とか、関係ないそうです。

 

思い癖がそうさせるのでしょうね。



龍神様からのメッセージ

龍神様曰く、

「物事に良し悪しはありません。それを見る人の心が良し悪しの選択をするのです。」

そして、更に龍神様は、伝えてくれます。

「現象は、愛の結晶化です。現象が起きるには、多くの存在の愛が必要なのです。」

 

例えば、ある人が、ある限界の壁を超えるきっかけが必要な状態になった時、

気づくか、気づかないかギリギリの気づきを提示してくれることがあります。

そこには、登場する人、物などその場面を用意する必要があります。

また、病気やケガ、事故をきっかけに大きく精神的な飛躍を遂げることがあります。

その場面の、登場人物・物・場所、様々に必要になります。

その人に注がれる愛の現われです。

 

「現象は、人の自由意思を尊重した上で、大きな愛により統制されます。」

ひとり一人に注がれる、大きな愛に気づくとき、

人は霊的に大きな変革を成し遂げるでしょう。

 

わたしたちは、常日頃、

自分の都合の良いように物事を解釈しています。

それ自体は、個性とも呼べるものです。

一人一人違っていいのです。

 

今より幸せを感じたいなら、

物の見方に変化が必要になります。

今ある、思い癖を修正することが必要になります。

そして、修正していくには、努力が必要です。

自分自身に向き合うことが必要です。

 

自分自身に広い視野をもって向き合うことで、

すでに存在している幸せに目が向いていくようになります。

 

今より幸せを感じたいなら、

少しずつでもいいから始めるしかありません。

行動こそが、変化を生みます。

少しの変化は、大きな変化への入り口です。

 

わたしたちが物事を解釈するには、二つの面を見て取ります。

良い面と、悪い面。

幸せ癖の強い人は、物事の良い面を見つけることが得意です。

 

物事に良し悪しがなく、

見る人によってどちらにも受け取れるのだから、

良い面として見るように心がけ、

幸せを増幅する癖をつけていきましょう。

幸せと思える見方をできるようになりましょう。

 

自分を由縁とする、不運・不幸、悪いことの連鎖は、自

分の思い癖が創り出すものですから、

自分が変われば、必ず、変わっていきます。

 

自身の変化を意志して、

実際の行動するときに龍神様が後押しをしてくれるでしょう。

 

他者由縁で不運・不幸、悪いことが続く

他者が理由で起こる、不運・不幸、悪いことの連鎖は、

他人からの恨みともいえるような行為、攻撃など

実害を及ぼしてしまうようなことを指します。

 

不運・不幸、悪いことの連鎖

「悪霊」と呼ばれる存在がありますが、

生きている人の念である「生霊」も、実はとても強くなることがあります。

特に、妬み、恨み、嫉みなど怨念と呼ばれるようなものがありますが、

実のところ、気のせいと言っていられない状態にまでエスカレートすることがあります。

 

一人の念でも強いのに、そのエネルギーが集まった状態にとなると

体調不良や事故など引き起こしてしまうほどになることがあります.

 

その仕組みは、集団意識に例えられます。

集団の中の一人を見ると異常と言えるまでにはならないのですが、

同質のエネルギーが寄り合うことで、集団となることでそのエネルギーは、

集団の誰もがコントロールできないまでに暴走し始めることがあります。

 

集団によるいじめは、世に良く知れ渡っています。

最初は、一人のちょっとした意地悪のつもりが、

それに同調する人が、一人、二人と増え、

歯止めが利かなくなっていきます。

 

集団となると、一人の時に存在する罪悪感は、

どんどん薄まっていき、

一人の時には考えられない行為が、平然と行われるようになるのです。

 

このことと同じように、

恨みや憎しみ、悲しみだけで存在するエネルギー「悪霊」と同調し、

そのエネルギーを取り込みながら雪だるま式に大きくなっていきます。

 

こうなってしまうと、その人がその人でない状態にまで変化してしまいます。

また、生きている人でなく、「悪霊」と呼ばれるような、

エネルギーとしての存在に影響を受けることもあります。

 

この状態になると、自分でどうにかできることが難しくなってきます。

神社や霊能者などに相談してお祓いしてもらう必要もでてきます。

 

お祓いは、怪しいと思うかもしれませんが、

原因不明で不幸なことが多くなれば、

相談だけでもする必要があるとおもいます。

 

体調不良の場合は、まず病院で見てもらった上で、

可能性の一つとして考える必要があります。

 

霊障の場合、一般にはなかなかそれとはわからないことが多いので、

原因不明の体調不良や不幸な出来事が周りで多くなるのであれば、

神社や霊能者に相談することをお勧めします。



 

不運・不幸、悪いことの連鎖が起きる仕組み

 

では、なぜこのようなことが特定の人に降りかかるようになるのか?

 

龍神様曰く、

「全ては、ちょっとした、または、多くの同調がきっかけになる。」

とのことです。

 

テレビやラジオと同じように特定の周波数が一致すれば、

同期した状態となり、アクセス可能になります。

この時、悪意を持った存在と一時的にもつながる橋ができます。

 

悪意を持つ存在は、

他からのエネルギーを搾取し、自らの糧とします。

恨み、妬み、相手のエネルギーが弱くなることを好みます。

そうすることで、相手のエネルギーを搾取し続けます。

その方法こそが、悪意の存在として自分を保つ方法です。

 

この悪意の存在との同調を行わないようにしたいのですが、

なかなか難しいことです。

わたしたちの状態には、波があります。

良いときもあれば、良くないときもあります。

「魔が差す」の言葉の通り、悪意と同調してしまうことがあります。

きっかけとなることは、どなたにも存在します。

 

不運・不幸、悪いことの連鎖から身を守る

 

悪意との同調は、心がけていてもなかなか難しいのですが、

龍神様からお伝えいただいているメッセージとして、とても良い方法は、

ハートのチャクラを活性化しておくこと。

心に愛をいつも意識しておくことです。

わたしたちの核である、「愛」であり続けようとする意志は、

誰にも犯すことのできない聖域です。

 

「ハートを開く」と言う言葉がありますが、

これは、不用意に誰に対しても行って良いものではありません。

十分な強さを持つ方にとっては、たいしたことではないことも、

そうでない方にとっては、致命的なことになることがあります。

すべてを受け入れるような行為は慎重にならねばなりません。

聖域であっても、本人が同意すればいとも簡単に入り込まれてしまいます。

 

わたしたちが経験する全ては、

経験する人の状態によって、悪にも善にもなる可能性があります。

どんなにつらい状況であっても、

わたしたちは、それを糧として前に進むことが可能です。

 

ただ、人それぞれに限界はあります。

どこまでも耐え続ける必要はありません。

真摯に相手と話し合うことも必要ですが、

逃げることが必要な時もあります。

 

戦う必要はありません。戦うことで、

自分から相手にエネルギーを注ぐことにつながってしまいます。

さらに、抜け出すのが困難になってしまうでしょう。

恐れや不安、憔悴は悪意を持つ存在にエネルギーを与えてしまうことになり、

更なる悪意を呼び寄せてしまいます。

 

魔を寄せ付けないためには、

同調域を創らないということの他に、

普段から結界のようなものを作り上げておくことも有効です。

 

方法は、様々にあります。自らの意識エネルギーによる結界、

神的なエネルギーにご協力いただく、などたくさんあります。

その強弱も様々です。どのような質のものと巡り合えるのかは、

その方の愛の状態によって変わってくるでしょう。

この記事をお読みくださっている方であれば、龍神様にご依頼も可能です。

 

大切なのは、自分自身が愛であることを続けていくことです。

魔除けの護符

 

龍神様が語る、最も大切なこと

不運・不幸、悪いことの連鎖は、自分由縁と他者由縁であると分けましたが、

ここまで書いてくると、結局のところ、

全て、自分が由縁となっていると言えるかもしれません。

 

全ては、自分が悪いのかと、

責めてしまうと深みにはまっていくかもしれません。

 

悪いのではなく、人には、多くの面があり、

良くも悪くも、様々な存在と同調する可能性があるということです。

 

不運・不幸、悪いことにつながるように同調することが一時的にあったとしても、

それを絶つことは可能です。

何か悪いことがあったとしても、

それをきっかけに、より良い方向に進んでいけばよいのです。

そうすれば、不運・不幸、悪いことの連鎖は起きません。

 

起きたことの真意を無視し続けたり、

更なる不安や恐れを抱くことで、

連鎖の引き金を引いてしまうことになるでしょう。

 

龍神様が、「現象は、愛の結晶化である」とお伝えしてくださるように、

起きたことに対して、心に素直に自らを振り返り、

自分自身も愛をもとに行動することができれば、

事は良いほうに進まないはずはありません。

 

わたしたちは、全て、大いなる愛に見守られています。

人の考える未来は、限定的です。

多くの存在の豊かな愛に見守られていることを自覚し、

今を真摯に生きることで、その先にある未来は、

自分の本質が求める未来となっていきます。

 

その未来は、今の自分に予想できない未来である可能性が高いのです。

 

人には、心があります。

どんなに物質的に豊かであったとしても、

必ずしも心が豊かになるわけでありません。

心が満足するということとは、

自分自身の生き方そのものなのではないでしょうか。

 

「不運・不幸、悪いことの連鎖が起きたとしても、そのこと自体が人の霊的成長に必要な時もあるのです。起きたことに対して、今後、どのような心の状態となっていけるのかが最も大切なことなのです。」

と龍神様は、伝えてくださいました。

魔除け龍神護符

HIDEKIの描くアートへ

-☆運気, 龍神様からのメッセージ
-, ,

執筆者:

関連記事

降臨する龍神様原画画像

龍神パワースポット

一度はパワースポットと言われる場所に足を運んだことのある方も多いのではないでしょうか。龍神様のパワースポットと呼ばれる場所は、多くありますが、好み、相性は人それぞれだと思います。エネルギーが豊富な場所 …

心願成就に至る道

願いを成就するために、わたしたちは努力をします。 努力の程は、他人と比べることはできません。 ただ、自分としての精一杯を行うだけ。   願いは、人それぞれにあるでしょう。   「願 …

子孫繁栄龍神護符の画像

感謝の気持ちを大切に

宗教や神様への信仰が厚い方は、その教えの中に感謝を説かれることがあります。 「感謝の気持ち」を大切にしなさい、と。 少し前なら、信仰が厚い方というわけでもなく、一般的にもよく言われていたことだと思いま …

龍神と共に

護符とは

今まで護符には、あまり意識を向けたことはありませんでしたが、龍神護符を描くようになってから、少し気になったので、護符・霊符について調べてみるようになりました。 目次1 鎮宅七二霊符 2 護符とお守り …

龍神が舞う雲の形

龍神様からのメッセージ 守護する存在

わたしには、絵を描き始める以前、生まれる前より龍神と共に在ったような感覚があります。 思い込みと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、その感覚がわたしにとっては、とても大切な感覚なのです。 それぞれの …

メールアドレスを記入して無料購読すれば、更新をメールで受信できます。

龍神様と人とを繋ぐ、龍神護符を描くとき、エネルギーを調えた状態が、絵師 清龍。
エッセンシャルアーティストとしての名は、HIDEKI。エッセンシャルアート研究所主宰。

龍神様からのメッセージをお届けします あなたの心の何故に龍神様からのメッセージをお届けします。