龍神縁起

龍神様よりメッセージを受け、ご利益のある龍神護符を顕現することになりました。龍神様とのご縁を繋がせていただきます。

神様と呼ばれる方たちと共に

龍神画と龍神護符の違い

投稿日:2020-06-19 更新日:

龍神画についてのご質問をまとめてみましたので、ご購入の際のご参考になさってください。

龍神画については、下記のページをご覧ください。

黒龍と白龍

 



龍神画と護符の違いについて教えてください。

① 龍神画は護符と同じように龍神様と依頼者をつなぐ働きがあるのでしょうか。

はい。龍神様とご依頼者様を繋ぐ働きがあると感じております。

 

② もしそのような働きがあるとすると、護符はいろいろな願いにより、さまざまな種類があるようですが、龍神画の方は願い全般に効果があるのでしょうか。

龍神画と龍神護符の違いは、それを持たれる心の状態によって違うと思っております。

護符は、ご依頼される方の気持ちが、ある一点に向かって、限定的(良縁、守護、金運など)にエネルギーを集中する感じで龍神様というエネルギーとつながり、龍神様のエネルギーと共鳴を起こして、自身のエネルギーに変化が起きていくイメージです。

龍神画は、ご依頼される方の全体的、包括的なエネルギーの向上として、龍神様のエネルギーとご依頼者様が共鳴するイメージがあり、神棚の神様のように、日々、見守ってくださることを確信し、感謝し、共に在り、人としての精進を行っていくというイメージです。

龍神様は、人で例えれば、深い愛で温かく見守る親の感じで、手出しの加減、タイミングを見てサポートしてくださるのですけど、希望を叶えることでその人の成長につながらなければ、見守るという姿勢を取られている感じです。

子が「どうしても!」と言えば、子の心の状態によって、愛をベースにエネルギーとしてサポートしてくださるのが、護符。

常に深い愛で見守り、必要な時に必要なだけサポートしてくださるのが、龍神画。
人に例えるとこんな感じです。

 

③ 龍神画は大きければ大きいほど、例えばA4よりF4の方が、効果は大きいのでしょうか。

A4サイズが、龍神画としてのエネルギーを最低限維持するのに必要なサイズと思っております。龍神様のゲート、依代の役割があると思っています。その役割のための最低限のサイズがA4サイズです。

サイズに関しては、絵そのものとしてのエネルギーの差があります。大きさの差がエネルギーの差といえます。

大きければよいというものではなく、あらゆる面で、自分に合うサイズ、負担にならないサイズが良いと思います。
(環境、金額、見た目、設置する空間との関係性、インテリアとしての意味、他)

エネルギーが強すぎると、ストレスになることがあります。

 

④ 龍神画も護符同様に1年を基準に買い替え(お炊き上げ)た方が良いのでしょうか。

必要ありません。必要と感じられる期間飾っていただけます。

 

⑤ 龍神画も今あるものより、オーダーメイドで新しいものを購入した方が良いのでしょうか。また、その方が依頼者の無意識に望んでいることを龍神様が察して、依頼者にとっては良い結果を生むのでしょうか。

正直に申し上げますと、オーダーメイドのご注文をお受けするのは、自分のための絵、という、人の安心感や満足感に由来しています。

龍神画は、すでに描き上げた龍神画、オーダーでなくとも、必要な方のところへ届けられ、役割を行うためのものとして存在することを確信しております。という事は、描かれているものが良い、来ていただきたいと思っていても、エネルギーとしての共鳴度によっては、決断できない状態となり、手元に来ないことが予想されます。

描かれている龍神画には、それぞれにエネルギーとしての微細な特色、個性があります。共鳴できれば、自然な成り行きで手元に届きます。

すでにある龍神画で、少し違う感じがすれば、オーダーメイドでご注文いただくのが良いと思います。

 

⑥ 現在、私は、護符を所有しておりますが、基本的には龍神さまとのつながりを毎日のように体感しております。敢えて龍神画を購入することで、さらにつながりが強くなるといったメリットはあるのでしょうか。または、つながり自体は何も変わらないのでしょうか。あるいは、逆にデメリットが出てしまうことはないのでしょうか。

龍神護符があることで、心が安定し、いい状態が維持できていると感じてくださっていますので、わたしもうれしいです。

龍神画があることで、メリットは?という事ですが、
ご自身にとって龍神画があることで、更に安定した状態が生まれてくると感じられれば、そのようになると思います。

結果や答えが先か、感覚が先かという選択になると思います。結果を期待すれば、良くも悪くも、イメージとは違うことがよくあります。

ご自分の感覚を信じて行動すれば、どうであれ、納得できます。感覚を信じて行動したということを経験し、結果的に何を感じたかを自覚できただけでもメリットとなります。

「転んでも、ただでは起きない」、心の持ち様で失敗はなくなります。

結果を期待する、答えを知るという事は、何かに頼るという事が当てはまります。
望む結果を知った上で行動すれば、人としての心の進化は閉ざされていきます。
自分を信頼することなく、何かに頼る、この意味では、デメリットになります。
ご自身の感覚を信じて行動出来れば、デメリットはないと思います。

もう一つ挙げるなら、ご自身のみの空間であれば自由な空間として設置することは可能ですが、ご家族がある場合、他のご家族にとってはどうかという事も考慮に入れたほうがよろしいかと思います。

 

⑧ 護符と龍神画のどちらがつながりを強くしてくれるでしょうか。やはり龍神画と護符の二つあった方がつながりは深くなるのでしようか。

②でも書かせていただいたように、龍神護符→龍神画の流れで、人としての心の成長が見て取れます。

望みや不安から、安心や信頼への心の変化があります。過渡期には、両方という方もいらっしゃると思います。

龍神様とのつながりが強いという意味では、龍神画のほうが強いつながりの中での関係だと思います。

⑨ 龍神画における上昇、降臨、円の3つのパターンについて、それぞれ、どのような意味や目的等の違いがあるのでしようか。

三つのパターンには、人の意識と龍神様のエネルギーの関係性があります。
龍神様のどういう方向でのエネルギーとの共鳴か、という事になります。
三つの中でどれが一番良いかは、人それぞれの心の状態、傾向性だと思います。

 この形態では、龍神様のエネルギーと正面から向き合うことになります。
龍神様のエネルギーの強大さを良く知る人には、後ずさりするかもしれません。
しかし、そのエネルギーを受け取る覚悟を持つ方や、すでにそのエネルギーの種を内に持つ方にとっては、心地良いものに感じられると思います。

上昇 この形態では、龍神様のエネルギーに乗るという、共力という意味合いがあります。
龍神様にご縁を感じ、そのエネルギーの波に乗る。
共鳴することで、共に在る、エネルギー関係です。

降臨 この形態では、龍神様のエネルギーを自身のすべてに通わせていくという意味合いがあります。ある方にとっては、龍神様のエネルギーをいただく、というような印象があると思います。
ご来光という言葉にあるような印象を持つ方もあるかもしれません。

円は、自身との対峙。上昇は、共に在り、流れに乗る。降臨は、自身に通し、研鑽する。
また、龍神様という存在と自分との距離感、エネルギーの共鳴状態でも表すことができます。
人は、常に多方向にエネルギーの受発振しています。

円は、龍神様との融和・共鳴。
上昇は、龍神様への自らの意志としての発振。自身のエネルギーの純化・増幅。
降臨は、龍神様への自らの意志としての受信。啓示

このような意味があります。

 

⑩ 最後に龍神様は、その護符または龍神画の1枚ごとにちがう龍神様が依頼者とつながっているのでしょう。あるいは1つの龍神様が依頼者とつながるっているのでしょうか。

一般的なイメージとしては、龍神様が幾体も身近に存在しているように表現される方が多いのですが、わたしとしては、エネルギーの質、役割により、個体として認識しているように感じています。

個体として、マンツーマンというイメージではなくて、壮大な龍神様のエネルギーが、必要とされる方、場所などの状態により、様々に変化し、ひとつの存在として、龍神様として現れる感じです。

一般的に、人の感覚としては、個体として現れるかもしれませんが、その個体の姿は本来の一面に過ぎないという感じです。本体としての龍神様は、壮大なエネルギーの存在と理解しており、その数もたくさん存在してくださると感じます。

1つの龍神様が依頼者とつながるっているという表現が、ピタリ来るというわけではないですが、近いと思います。

龍神画 写真

 

黒龍と白龍

HIDEKIの描くアートへ

-神様と呼ばれる方たちと共に
-, ,

執筆者:

関連記事

龍神画 白龍神様の絵

黒龍と白龍

白龍神 円   龍神様には、様々な色があると言われます。 赤、青、白、黒、黄、いろいろな色が思いつきます。 それぞれの龍神様の色は、エネルギーの色。 つまり色の持つエネルギーに関連して語られ …

藤ヶ崎龍神鳥居の写真

琵琶湖岸藤ヶ崎龍神社へ龍神様に逢いに行く

  少し前から、藤ヶ崎龍神の名に魅かれるようになり、行く必要を感じていたのですが、やっと体を運ぶことができました。 藤ヶ崎龍神のことは、ここ滋賀に住み、20年近くたつのですが、つい最近までそ …

大野神社手水場の画像

龍神様と出逢う大野神社

滋賀県栗東市の山間にある大野神社。 私も清龍氏も神々との出逢いは、突然、直観でやってくることが多々あります。 今回、大野神社というお名前が出たのは、「龍神縁結び」に使用している勾玉がきっかけとなってい …

関蝉丸神社下社・関清水神社水のある神社の復興に向けて

関清水神社 龍神様の復活祭

2020年5月24日 龍神様の復活祭が行われます。 ご賛同いただける方。ご参加をお待ちしております。 目次1 関蝉丸神社下社・関清水神社水のある神社の復興に向けて1.1 開催内容1.2 行事予定1.3 …

京都西院春日神社:春日神からお呼びの画像01

京都 西院春日神社と春日神

急なお呼びだし!?2017.12.25。 前日12月24日は、わたしたちが一つのサイクルとして意識している、72タマシイのサイクルの起点としている日。この日より、きっかけは始まっていたのですが、どうし …

メールアドレスを記入して無料購読すれば、更新をメールで受信できます。

龍神様と人とを繋ぐ、龍神護符を描くとき、エネルギーを調えた状態が、絵師 清龍。
エッセンシャルアーティストとしての名は、HIDEKI。エッセンシャルアート研究所主宰。

龍神様とつながる方法

 

人生好転! 龍の神様とつながる方法

人生好転! 龍の神様とつながる方法

 

関清水神社復活支援関清水神社復活支援

龍神縁起_申込バナー

2020年四方守護龍神護符

2020年四方守護龍神護符